歯科の治療を受けて口臭を改善しよう

歯科の治療を受けて口臭を改善しよう

ハーブを使った歯科に行く前に出来る口臭予防

口臭というのは、生きている人間ならばある程度は誰しもが持つものです。
なので、病的な口臭の場合以外はそんなに気にする必要はありません。むしろ自分が口臭を放って他人に嫌がられているのではないかと思い込んでしまう、口臭恐怖症という心理的な病気すらあるほどですから、気にし過ぎると疲れてしまうかもしれません。病的な場合というのは、歯槽膿漏や歯肉炎などにかかり、口内の衛生状態が悪くなった時です。
こういう時には特別口が乾燥するようになり、そのため普段よりきつい臭いになることがあります。
あまりにも長期間こういう状態が続く場合には、併発している口内のトラブルと一緒に口臭の原因等を歯科にみてもらう必要も出てきます。


口臭は気になるけれども歯科に行くほどではないという場合には、うがい薬を使うという手もあります。

しかし、うがい薬は一時的には口臭が収まったように思えても、効果が持続しないのが難点です。
そこで自然の力であるハーブを使うという方法があります。
ハーブのなかでも、タイムという料理にもよく使われている香草には洗口成分である精油のチモールという成分が含まれています。
このチモールという精油はマウスウォッシュ(洗口剤)に含まれている成分でもあるので、タイムはまさに天然の洗口剤とも言えます。
また、タイムには殺菌作用や抗菌作用もあるので、口内の衛生環境を整えるのにも役立ちます。
使い方としては、タイムをハーブティーとして飲むと効果が得やすいようです。

注目情報

Copyright (C)2018歯科の治療を受けて口臭を改善しよう.All rights reserved.